インプラントの耐久性について

インプラントインフォメーションHOME > インプラントについて > インプラントの耐久性について

インプラントの耐久性について

インプラントはどれくらい持つの?という疑問をもたれている方。決して安い治療とはいえないインプラント治療ですから、耐久期間を心配されますのはもっともです。ですがご安心ください。インプラント治療の一番最初の患者さんは今でも正常に機能しているのです。


過去10年間のインプラント治療成績

定期検診(メンテナンス)をきちんと受診することが重要です

インプラントそのものは半永久的ですが、注意が必要なのはインプラント周辺の歯周組織やかみあわせの状態です。
定期検診(メンテナンス)をきちんと受診していれば、長く快適に使うことができます。 なお、インプラントの最初の患者さんは今でも正常に機能しています。
骨結合型のインプラント治療は、30年以上前から臨床で行われている治療ですが、まだまだ日本国内では「新しい治療」という認識が強くあります。 下の表は、京都大学口腔外科における過去10年間のインプラント治療の成績です。 インプラントの二大メーカー「ブローネマルクシステム」と「アストラシステム」にて治療を行った、それぞれの部位の累積生着率です。 上顎臼歯部は、他の部位に比べて骨が軟らかいため予後が悪いといわれていますが、比較的良好な結果となっております。

  ブローネマルクシステム アストラシステム
上顎前歯部 92.3%(104人中96人) 100.0% (72人中全員)
上顎臼歯部 92.1%(79人中72人) 100.0%(69人中全員)
下顎前歯部 100.0%(127人中全員) 97.4%(39人中38人)
下顎臼歯部 95.4%(87人中83人) 99.2%(127人中126人)
合計 95.2%(397人中378人) 99.3%(307人中305人)
(2000年11月第4回顎顔面インプラント学会抄録より抜粋)

気になったらまずは無料カウンセリング

インプラント治療をお考えの方や、入れ歯、ブリッジの使い心地にお悩みの方は、まず、カウンセリングをどうぞ。お悩み、ご心配の解消をお約束します。

気になったらまずは無料カウンセリング

医療法人社団 朋優会グループのご案内

A.O.インプラントセンター

A.O.インプラントセンター
(東京都杉並区)
TEL:03-3338-8241
A.OインプラントセンターWEBサイトはこちら

A.O.インプラントセンター

インプラントセンター
ソフィアデンタルクリニック
(千葉県浦安市)
TEL:047-355-5770
インプラントセンター
ソフィアデンタルクリニックWEBサイトはこちら