インプラント・入れ歯・ブリッジの違い

インプラントインフォメーションHOME > インプラントについて > インプラント・入れ歯・ブリッジの違い

インプラント・入れ歯・ブリッジの違い

このページではインプラントのメリット、デメリットを解説いたします。
入れ歯の装着時に異物感があり発音が阻害されてしまう方、ブリッジをすることで健康な歯を傷つけたくない方など、あなたにとって最善の方法をご検討いただけます。


インプラント・入れ歯・ブリッジとはどんなものでしょうか

インプラントの特長

インプラントは、歯のない部分に人工の歯根を埋める治療方法です。 チタン製の人工歯根と骨が結合するので、がたつかず、天然の歯と変わらずに噛む事ができます。

入れ歯(取り外し式義歯)の特長

入れ歯は、歯が多数欠損した場合や、両隣に支えとなる歯がない場合(奥歯など)に行う治療法です。具体的には周りの歯にバネをかけて入れ歯を支える部分入れ歯、また歯茎の上に乗せる総入れ歯などがあります。

ブリッジの特長

ブリッジは、失った本数が1〜2本の場合に行う治療法です。 歯のない部分を補うために両隣の歯を削り、連結した人工歯で橋をかけます。 両隣の歯が差し歯の場合はできないことがあります。


それぞれのメリットとデメリット

すべてにおいてメリット、デメリットがあります。最善の方法を選びましょう

  メリット デメリット
インプラント
  • 自分の歯と変わらない感覚で噛む事ができ、異物感がない
  • 周りの歯を傷つけない
  • 1歯欠損から全歯欠損まで対応可能
  • 見た目の仕上がりが自然
  • 外科的な治療が必要になります(抜歯程度です)
  • インプラント治療を行っている医院がまだ少ない
  • 糖尿病などの疾患がある場合、インプラントができないケースがあります
  • 治療期間が他の治療に比べて長い(治療期間中は仮歯を使えます)
  • 保険適用外で治療費が自己負担になります(医療費控除を受けられます)
入れ歯
  • 一般的な治療方法なので、非常に多くの歯科医院で治療を受けることができます
  • 素材によって保険内で治療できます
  • 床(しょう)が口腔内の大部分を覆う
  • 装着時に異物感があり、発音が阻害される
  • 食事の際の味覚や触感が損なわれる
  • 咀嚼効率が悪く、天然の歯に比べて二分の一から三分の一程に落ちます。
  • 安定のため金属のバネをかける必要があり、お口をあけたときに金属が見えることがあります。
ブリッジ
  • 固定式のため、ほとんど装着感がありません。
  • 人工歯の素材によっては保険適用内で治療できます。
  • 連結した人工歯を支えるため、両隣の健康な歯を削らなくてはなりません。(保険内での治療の場合、歯の土台となる金属が唾液によって溶け出し、歯肉が色素沈着を起こすことが多く見られます)
  • 健全な歯を削るということは、歯を長く健康に機能させるという点において、非常に大きなデメリットです。
  • 歯を支える歯根の数が通常より少ないので、その歯根には咀嚼時の負担が大きくかかります。
  • 多数の歯が欠損している場合にはブリッジができません。
  • 欠損部の歯肉がやせると、ブリッジとの間に隙間ができ、発音時に息が漏れることがあります
  • 審美的なブリッジにすると保険適用外となる

気になったらまずは無料カウンセリング

インプラント治療をお考えの方や、入れ歯、ブリッジの使い心地にお悩みの方は、まず、カウンセリングをどうぞ。お悩み、ご心配の解消をお約束します。

気になったらまずは無料カウンセリング

医療法人社団 朋優会グループのご案内

A.O.インプラントセンター

A.O.インプラントセンター
(東京都杉並区)
TEL:03-3338-8241
A.OインプラントセンターWEBサイトはこちら

A.O.インプラントセンター

インプラントセンター
ソフィアデンタルクリニック
(千葉県浦安市)
TEL:047-355-5770
インプラントセンター
ソフィアデンタルクリニックWEBサイトはこちら